« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

関東道の駅巡り・ジャパンキャンピングカーショー2011 ⑤

4日目、6:30起床、天気晴れ。片付け、身支度をして駅2階の軽食コー

ナーにて朝食、品揃えがすごい、とにかく多い、写真の通りこの小さいス

ペースでの、メニューバリエーションの多彩さは驚くばかりです。

P2120222

しかも、大半が手作りのようです。昨日買った、半額の弁当と寿司がある

ので、あら汁とつみれ汁(各150円)をチョイス。これがまた美味い‼あら汁

は鯛の頭半分まるっと、つみれ汁はゴルフボール位のが2個、どちらもだ

しがよく効いている。寒い朝、体の中から温まりました。

P2120223

1階の産直所でおみやげを買い、9:45出発。当初北上する予定を変更し

て、海沿いに南下、鴨川オーシャンパークまで計8ヶ所の道の駅巡りをする

ことにしました。鴨川からは木更津を経由して東京湾アクアラインを通り帰

ります。

15分程で『とみうら枇杷倶楽部』到着。ここは千葉県初の道の駅、そして

【道の駅グランプリ2000最優秀受賞駅】でもあります。 特産の枇杷と、たく

さんの出会いのある「クラブ」となる願いを込めて命名したそうです。ショッ

プやカフェには厳選した南房総市(旧富浦町)の名産品や枇杷を使った

軽食などを揃えています。さすがに賑わっていましたね。

P2120225 P2120226

続いて、約10分、10:30『おおつの里』到着。ここは何と言っても温室で

す、4,000坪の温室では、年間十種類以上の南房総特産の切花類が栽培

され、園内を散策して自由に見学できるほか、花摘み(有料)もたのしむこ

とができます。ガーデニングやメロンの収穫を体験できたり四季の花が咲

き誇る道の駅です。

P2120227 P2120228

11:15『三芳村』到着。ここまでの峠道が、アップダウン、道幅狭く、大変。

軽キャンテントむしクンでつくづく良かったと実感しました。ここは、朝採り

の新鮮な農産物や加工品の直売所、搾りたての新鮮な牛乳を使った乳

製品、手作り工芸品の展示販売、地鶏産品を使ったレストランなど、地

元で生産されたものをいろいろと取り揃えています。ちょっとした料理教

室や子供を対象としたイベントが実施されていて活気溢れてました。

P2120230

次駅は『南房パラダイス』、12:15到着。太平洋に臨む房総フラワーラ

イン沿いに位置しています。レジャーメニューが豊富で、併設の植物園

で花や動物を観賞したり、周辺では花摘みやイチゴ狩り、定置網漁など

も楽しめます。太平洋を眺める和食レストランでは、地元で獲れた新鮮

な地魚料理を食べることができます。これで4駅訪問、折り返しとなります。

P2120232

13:05『白浜野島崎』到着。房総半島最南端の終着点が「白浜野島崎」

です。春に一番近い町白浜です。近くには、房総半島最南端の野島崎灯

台があります。日本で2番目に点灯された洋式灯台といわれ、白浜のシン

ボルになっています。

P2120235

白浜から約30分、地元のクーポン付きフリーペーパーで見つけた『お食

事処か〜む』で昼食をとることに。決めては、写真が載ってた【海鮮丼】と

クーポン(1,500円以上の利用で伊勢海老みそ汁サービス)です。海鮮丼と

なめろう定食をオーダー、めでたく伊勢海老みそ汁サービスとなりました。

これまた、どちらもボリューム満点で大満足でした。

P2120236 P2120237

本日6番目の駅は『ちくら 潮風王国』です。14:30到着。海辺の大きな

船が目印です。施設の中央にいけすがあり、その周りに海に面した土地

ならではの新鮮な海産物を扱うショップをはじめ、レストランやカフェなど

があり、さざえのクレーンゲームもありました。ふれあい広場に漁船が浮

かぶ素敵な王国です。

P2120243 P2120239

次駅に行く途中、料理の祖神をまつる【高家神社】に立ち寄り、料理に携

わる者(私ー調理師、妻ー管理栄養士)として、参拝して来ました。

P2120244

15:30『ローズマリー公園』到着。駅に併設するシェイクスピア・カントリ

ー・パークではシェイクスピアの生家と当時の暮らしを再現しています。

50数種類の色鮮やかな新鮮な切り花を展示販売するフラワーフェスティ

バルも開催され、交流・体験センターではハーブを使ったクラフト作りな

ども体験できます。カフェで、コーヒーとスコーンをいただき、異国情緒を

満喫しました。

P2120246 P2120247 P2120249

いよいよ、この旅の最終駅『鴨川オーシャンパーク』へ向かいます。

16:30到着。太平洋が目の前の気持ちのいい海岸線沿いの道のオア

シスはユニークな形の施設。海の幸を食べ、千年磯で海と遊び、鴨川や

南房総の特産をずらり揃えたコーナーもあり、青い海と潮風がドライブの

疲れを癒してくれます。時間も遅かったからか、あまり人気がなく、どこと

なく寂しげなのは、最後の道の駅としてはちょっと残念でした。でも、充実

感、達成感はいっぱいです。

P2120250 P2120251

4日間で21駅、我ながらよくまわったものだ・・・、と自画自賛です。後は、

本当の終着駅、我が家を目指すのみ。約470km、旅のメーターは間も

なく1,000kmにとどきます。木更津から東京湾アクアラインへ、初めの

約5kmは橋の上、とにかく風が強い。10分程で海ほたるPA到着。ちょっ

としたショッピングモールといった感じです。なにより残念なのは、明るい

うちに来れなかった事、きっといい眺めなんだろうと思いつつ、暗闇を2人

で見つめていました。海ほたるPAを出て、残りの約10kmは海底トンネル、

とても暖かく感じました。その後、東京スカイツリーを間近に見つつ、我が

家へ急ぐ。2人の疲れのピークは12時前後でしたが、小まめに休憩を取

り、午前2時半、終着駅に到着。お疲れ様でした。旅の1日目の出来事が

遠い昔に思えるくらい、様々な経験をした内容の濃い3泊4日の旅でした。

走行距離1,437.3km。

P2130254

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関東道の駅巡り・ジャパンキャンピングカーショー2011 ④

3日目午後、千葉県を東京湾沿いに南下、小雪が降る中、道の駅巡り再

開です。15:00『いちはら』到着。緑や土に触れ合うことのできる農業セ

ンターに隣接し、バーベキュー広場やピクニック広場・花木園などに連絡

道で結ばれており、四季を感じることができる道の駅です。施設では、市

原の気候と風土が育んだ四季折々の新鮮な農産物や物産品を販売して

います。

P2110212 P2110213
次駅は『きょなん』、16:00到着。ここは文化のエリアとして、見返り美人

で有名な菱川師宣記念館・地域住民の文化活動の拠点として公民館が

あります。観光に役立つ情報を収集できるだけでなく、鋸南町の歴史や

文化にふれることができます。黄色い屋根がとても印象的でした。

P2110214 P2110215
更に南下、本日の宿泊地『富楽里とみやま』へ向かう。16:45到着。

「富山の楽しい里」を短く表現し、「誰でも“ふらり”と立ち寄れるスポット

になってほしい」という願いを込めて命名されたものです。名称は、公募

により決められました。有料道路の休憩施設(パーキングエリア等)と周

辺地域が一体になった施設で、有料道路と一般道路のどちらからでも

利用することができます。富楽里では、「富山のとれたて」がズラリと並ん

だ直売・物産コーナーやレストランが勢揃い。旅行者の方にも便利な南

房総の観光インフォメーションやドライブの途中の憩いのスポットもあり

ます。

P2110216 P2110217

宿泊地をここに決めた最大の理由は、料理です。地元の漁協直

営のレストランがあり、新鮮な魚介類が食べられる事です。まずは1階

の産直所を探索、ありましたよ‼いけすが、あわび、伊勢海老、鯛、平目

等々、ちょっと早いですが18:00に2階のレストランで夕食にしました。

本日の食事が↓です。

P2110220 P2110219 P2110218 P2110221
とにかく素材ひとつひとつが大きい‼刺身の切り身は1枚が、お弁当用の

焼き魚位の大きさで食べ応えがありました。充分満足して我が家(テント

むし)ヘ。2人でキャンピングカーショーの話しをしたり、本を読んだり、

のんびりと過ごし11:00就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東道の駅巡り・ジャパンキャンピングカーショー2011 ③

3日目、5時起床。体調良好。朝食、身支度を済まし8:00出発。9:30

幕張メッセ到着。海浜幕張駅まで妻を迎えに行き、いよいよ会場へ、

くるま旅クラブ会員は2名まで無料ということで、専用窓口で券をもらい

入場。一般窓口はかなり混んでいたので、ちょっぴり優越感に浸る。

P2110211

まずは、もちろん『バンショップミカミ』へトツゲ~キsign03

最初に目に飛び込んできたのは、トミカのテントむしを使ったジオラマです。

P2110210

通常、オレンジとグリーンしかないはずのトミカテントむしがカラフルに揃っ

ているではありませんかブルーにベージュ、ワインレッド、シルバー/ブラ

ックのテントむし&コロまでと、左側を見ると、おぉ~、実物のシルバー

/ブラック・テントむし&コロがいました。

P2110207

ん〜〜、シブい、大人のテントむしって感じですね。その後ろには、デッカい

テントむしがいました。更に、ヤドカリやドッチバンも。フルラインナップです。

P2110206

そうそう、社長さんはどこだ?さっき見かけたような?とりあえず、女性ス

タッフに声をかけてみました、ネームプレートを見ると「見上」と書いてある、

もしかして娘さんでは・・・?

『今日は、去年の11月に納車したテントむしで仙台から見上社長さんに

会いにきたんです。』というと、『え〜、そうなんですかぁあっ、社長います

よ。』と呼んでくれました。

ついに念願かなったぁ~\(^o^)/雑誌でよく見かける顔がすぐそばに。

【我が家のテントむしクンの成長日記】を見せながら、特注で水色とピンク

にしてもらった事や道の駅巡りをしている事等を話していると『ありがとうご

ざいます。』と、笑顔で対応していただきました。

この旅での大きな目標を達成する事ができて充実感いっぱいです(^^)

P2110199

せっかく来たのだから、他のところも見なきゃあね。軽キャンから

バスコンまで、かなりの展示車両でした。でも、ヤッパ自分のライ

フスタイルにマッしているのは、軽キャンテントむしクンですね。

隅々まで見て、『軽キャンーfan』の第1号と『mikami』の刺繍

入りキャップを買い、13:30会場をにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関東道の駅巡り・ジャパンキャンピングカーショー2011 ②

P2100180 P2100181

2日目、朝5時起床。近くのコンビニでパンと地元紙[下野新聞]を購入。

しばし、ゆったりと過ごし8:00に『みぶ』を発つ。第一の目的地は、昨日

定休日だった『どまんなかたぬま』、1時間ほどで到着。ここの名前は、ま

さしく日本列島のどまんなかに位置するからだそうです。東西南北の基準

点を線で結び、それが交わる中心点がここ佐野市田沼地区とのことです。

ちなみに前日撮ったアングルと同じように、イルミネーションの場所を撮影

してみましたが、あまりの違いにイルミの演出のすごさに驚きました。

P2100182 P2100185

ここから南下して、埼玉県に入り『はにゅう』に行きます。10:20到着。

利根川が近くにあり、毎年5月に公認気球大会「羽生スカイフェスタ」が行

われます。ここで突然の眠気が・・・、30分ほど仮眠して復活。

P2100186 P2100188

11:30『きたかわべ』到着。埼玉県の北東端に位置し、 駅内には、スポ

ーツ遊学館があり、ヨット、カヌー、自転車が借りられ遊水地でのスポーツ・

レクリエー ションを満喫できます。(注:ヨット、カヌーは団体に限る。) その

他、駅内には、物産販売施設があり、利根川と渡良瀬川に挟まれた輪中

の地・北川辺の肥沃な大地に 育まれた銘柄米コシヒカリや桃太郎トマトを

はじめとする新鮮な地元農産物が販売されています。ここで昼食を取る。

P2100189 P2100190 P2100191

童謡の里おおとね』へ、約20分、12:30到着。

利根川右岸で首都圏50km内の豊かな田園地帯であり、童謡の名曲を生

んだ音楽家「下総皖一」の生誕の地です。「たなばたさま」・「野菊」・「はな

び」等の曲はこの情緒ある大利根町をイメージして作曲したと言われてい

ます。そこで栽培された「大利根産コシヒカリ」は豊かな水に育まれ栽培さ

れた埼玉県有数の「美味しいコシヒカリ」です。

P2100192 P2100193 P2100194

ここから茨城県に入り、本日最終駅『さかい』へと走る。ここは、江戸時代

の河岸をイメージした蔵造り風の建物が印象的でした。ミッション終了。

P2100196 P2100195

後は2日間の疲れを癒しに『春日部温泉湯楽の里』に行きました。「湯楽

の里」は関東でスーパー銭湯を展開しているチェーン店です。内風呂には

温泉は使われていないが、腰かけ湯・リラクゼーションバス・ジェットバス・

トルマリン風呂・タワーサウナ・水風呂などいろいろな種類のお風呂が揃

う。天然温泉の露天風呂。露天スペースのメインがこのお風呂。10~12

人ぐらいが入れる湯船が2つあり、手前が源泉を加熱した少し熱めのお風

呂、奥が源泉をそのままの温度の適温のお風呂となっている。掛け流し。

その他、壺湯、寝湯等あり充分満喫できました。

P2100197

予定より早く終了したので、越谷にあるイオンレイクタウンに行くことにしま

した。とてつもない規模の大きさにビックリ、しかもまだ拡張施設の工事中

でした。店内を散策し、ちょっと早めの夕食にしようとフードコートへ、これ

またお店の数がズラっと20店舗位、迷いに迷い、「大阪 福島 上等カレー

にしました。選んだ基準は、店頭にテレビのグルメ番組で紹介されました

とあったことです。味は【中の上】程度かな。

P1000144 P1000145

後は今日の宿泊地、蓮田 SAに向かうだけ。20:30到着。コンビニでbeer

買い、23:00就寝。明日はいよいよ【ジャパンキャンピングカーショー2011】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東道の駅巡り・ジャパンキャンピングカーショー2011 ①

今回の予定

2月 9日(水)・・・栃木道の駅巡り

    10日(木)・・・埼玉道の駅巡り

    11日(金)・・・妻と合流、ジャパンキャンピングカーショー2011、

                      千葉道の駅巡り

    12日(土)・・・千葉道の駅巡り

※合計21駅、立ち寄り予定です。

待望の時がやって来ました。今回のメインディッシュは何と言っても、幕張

メッセで開催の『ジャパンキャンピングカーショー2011』です。ここで、バン

ショップミカミの見上社長とお会いできれば感無量です。

1、2日目は、去年暮れに関東道の駅巡りに来た時、時間が遅くなりスタ

ンプが押せなかった所が数ヶ所あり、再チャレンジと新たな道の駅巡り

です。

2月9日朝4:45起床、高ぶる気持ちを抑えながら出発準備をして、7:30

スタート。栃木『にしかた』を目指しました。いつも通りの安全走行のんびり

運転。14:00『にしかた』到着。ここは、町の特産品である『いちご』をメイ

ンとし、西方産コシヒカリ『桜おとめ』、地場産農産物や物産品を販売する

「農産物直売所」や「物産館」、そして、地域食材を活用した「農村レストラ

ン」等の施設が整備されています。

P2090166 P2090167

ここで昼食をとることにしました。西方膳930円をオーダー、

《しもつかれ》という郷土料理(鮭の頭、大豆、人参、大根等を細かく切り、

酒粕でじっくり煮込む。)がありました。見た目はあまり良くないのですが、

食べてみるとわたし好みの味で美味しくいただきました。

P2090168

お腹も満たされ次駅『にのみや』へ、15:30到着。いちごの生産日本一

の真岡市にあります。「いちご情報館」は、栃木のいちごの成り立ちをパ

ネルや映像などで紹介。「いちご展示温室」は、シーズンになると常備7

種類の栃木のいちごを展示。道の駅直営の「観光いちご農園」はシーズ

ン中毎日いちご狩りが楽しめます。

P2090169 P2090170

ここから約40分、16:30

思川』到着。ここは規模も大きく、観光客、地元民で賑わっていました。

P2090172 P2090173

続いて、『みかも』へ、ここへは去年暮れも訪れましたが、時間が遅く切符

が購入できませんでした。17:00到着。今日は時間も大丈夫・・・、ところ

が思いもよらぬことが、「切符の在庫がない。」とのこと。唖然としました、

わたしのように遠くから来ている人はたくさんいるというのに、肝心の切符が

ないとは・・・、在庫管理をしっかりしてもらいたいと思いました。

P2090175_2 P2090176

憤りを感じつつ、『どまんなかたぬま』へ向かう。ここは、本日は定休日なの

ですが、イルミネーションがきれいで、休みの日も12時まで点灯していると

いうことで足を運びました。期待通りとてもきれいでした。

P2090178 P2090177

すっかり日も落ちて、今日の宿泊地『みぶ』へ向かいました。18:45到着。

ここは、北関東自動車道壬生PAからも利用できる施設です。

駅内の食堂で夕食を済まし、車中でbeerの後、早めの10:00就寝。

1日目終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンキャンピングカーショー2011

明日から2日間、まるこさんが東京へ出張です。それに合わせて、わたしも明日から、
テントむしクンと栃木、埼玉道の駅巡りに出掛けます。3日目朝に合流し待望の
《ジャパンキャンピングカーショー2011》を見て来ますhappy01その後、千葉県を南下し
道の駅巡りをして13日に帰って来る予定です。3県合わせて25駅rvcardash周れるかなぁ〜?
この3連休、関東地方はキャンピングカーであふれるのではないでしょうかね。
テントむし仲間に出会えるといいなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

節分

昨日は、節分。我が家ではダッフィー&シェリーメイのおふた方に鬼役を

お願いしましたcoldsweats01

恵方巻も買い、南南東を向いてガブリdelicious

P2030162_2 P2030163

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩手南部道の駅巡り

今日(21)、朝起きて新聞を取りに行くと、snow、5cm位は積もっていた。

まずは、まるこさんのマーチの雪かき、まるこさん出勤後、テントむしの雪

かきsweat01空を見上げると、晴れて来ましたsun。「よぉ〜し、行くかっsign03」で、8:00出発。

9:00まで泉IC乗れば通勤割引適用、楽勝scissors・・・と思っていたら、仙台バイパス

大渋滞bearing通常30分かからないところ、8:55ギリギリセーフでした。本日の予定、

一関ICを降り、『厳美渓』から右回りで沿岸部を通り、『かわさき』まで、計6

ヶ所立ち寄り、また一関ICに乗り仙台へのルートです。しかし、またまたアク

シデント発生sign01【若柳金成IC〜一関IC事故通行止】の表示。やむなく一般道へ、

予想通り大渋滞sign02予定より、約2時間遅れの12:20『厳美渓』到着。雪は降って

ませんでしたが、ご覧の通り積雪はけっこうありましたsnow

P2010140 P2010141

道の駅「厳美渓」は岩手県の南玄関口一関市の西部、一関温泉郷のなか

に位置しています。名勝天然記念物厳美渓や博物館のある道の駅として、

また、日本一のもち文化を誇る道の駅を目指しています。

北北東へ『みずさわ』に向う。毛越寺、中尊寺を横目eyeに約1時間で到着。

P2010143 P2010144 P2010145

南いわての中心にあり、豊かな自然と先人たちの英知によって作り出され

てきた数々の歴史をもつまち水沢。歴史は古く、原始、古代までさかのぼ

ります。この地が「日高見国(ひたかみのくに)」と呼ばれていた頃、エミシ

の首長アテルイや、大和朝廷の命をうけて胆沢城を築いた坂上田村麻呂

にかかわる足跡や、近世に伊達の一門だった留守氏一万六千石の城下

町を偲ばせる武家屋敷が今でも残されています。

二階の食堂で、《奥州牛入りすいとん》を食する。和牛のだしが効いてい

て美味deliciousgood

P2010148

ここから北東に進み、『種山ケ原』へ。峠道、かなりの悪路、30分程で到着。

P2010149 P2010150

物見山とも呼ばれる種山ヶ原は、宮沢賢治がこよなく愛した高原です。

賢治はここの風景や気象を題材に、『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』、

そして多くの詩や短歌を残しました。「道の駅・種山ヶ原」は、県南部と

沿岸部を結ぶ国道397号の中継地点にあります。休憩施設「ぽらん」

は星をイメージした造りで、町内産の木材を使い、伝統の技を誇る気仙

大工の手によって建てられました。スタンプ、切符を買い、次の目的地

『さんりく』へ。15:50着、約1時間。

P2010151 P2010152

本市を南北に縦断する国道45号は風光明媚な観光路線として訪れる

皆さんはもとより、三陸から中央市場へ新鮮な魚介類を運ぶ重要な路

線となっている。「道の駅」さんりくは、その国道45号沿いに位置し、海

の恵体験施設は本市で生産された水産物、農産物、水産加工品、商

工物産を販売と共に地域の観光やイベント、道路情報等を集約し紹介

している。

残り2ヶ所、午前中の大渋滞二回がひびいている、最終駅『かわさき』は

18時で閉館、間に合うか・・・happy02、海沿いを南下し、『高田松原』に走る。

30分で到着。

P2010153 P2010154

陸前高田市のシンボルは、日本百景にも数えられる白砂青松の浜・高田松原

です。白い砂浜に樹齢300年を超える約7万本の松が続くさまは、まるで日本画

に描かれた風景のよう。この景観を石川啄木も愛した白い砂浜。スタンプ、切符

とそそくさと済まし、『かわさき』へ。燃料計を見ると、ガソリンがビミョーcoldsweats01

ナビの到着予定時間は18時ギリギリ。どーする、ドースル、右前方にスタンド

発見。「え〜い、入れてけっsign03」満タンにして、急げぇ〜sweat01、幸い路面はドライ。

17:45到着。「間に合ったぁ〜」。

P2010158 P2010156

道の駅「かわさき」は、国道284号北上大橋より東へ200mに位置し、

本村の玄関口にあたります。農産物及び地域特産物の直売所、地元

の食材を提供するレストラン、ファーストフーズコーナー、新鮮な農産

物の直売、多様な情報提供を行う施設が整備され、川崎村及び周辺

市町村の情報を手軽に入手することができます。都市住民と地域住民

の交流の拠点施設となっております。切符はなく、スタンプ押して、本日

のミッション、コンプリートgood21:30自宅到着、走行距離414kmrvcardash

P2010159

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »